HIBIKI

Camberwellに今年6月にオープンしたHIBIKIは、オーナーさんの日本への深い愛情が感じられるそんな素敵なカフェ。シティから45分、Camberwell駅からトラムで15分という場所にあるのにも関わらず、終日にぎわっている今トレンドのカフェ、HIBIKI。なぜ人々が注目し度々訪れるのか、Hibikiの魅力に迫ります。

Processed with VSCO with hb2 preset

HIBIKIの特徴といえば、メルボルンのカフェのプレゼンテーションのスタンダードは保ちながらも、他では見かけないメルボルンのカフェでの経験があり、日本食を理解しているオーナーさんだからこそ生み出せるユニークなメニューが味わえること。メニューの名前も日本の影響を強く感じるものがたくさんあります。

SMASHED IN JAPANもその中の一つです。メルボルンのカフェにある一般的なSmashed Avocado on ToastはSourdoughやWholegrainsのパンが使われますが、HIBIKIでは日本の食パンが使用されています。このHIBIKIが使用している食パンは、日本でパン職人として働いていたオージーがメルボルンで作っていて、メルボルンで購入できる食パンで一番美味しいと賞賛されている絶品です。そんな食パンを使ったメニューは アボカドトーストだけではありません。インスタ映え抜群のSHIBUYA HONEY TOASTは日本で食べるハニートーストから影響を受けたメニュー。バターの味が染み込んだトーストは食べ出したら止まらない美味しさ!

もう一つのメルボルンの定番カフェメニューといえば、エッグベネディクトですが、Hibikiのエッグベネディクトは従来の概念を覆すかのような他にはないスタイル!ベースはパンではなく焼きおにぎりでソースは七味オランデーズソースとまさしく日本×メルボルンのメニュー。

私の一番のオススメMIDDLE MEETS EAST。これはオーナーさんが昔働いていたカフェで一緒に仕事をしていた友人から影響を受けて出来たメニューで、中東のテイストが加えられたコロッケ。紫蘇ヨーグルトソースは読んだ時はまさか美味しくはないだろうと思いましたが、まさかの大ヒットで驚きました。

日本を訪れたことのあるオーストラリア人ならもちろんのこと、日本に興味のある人の第一歩としても選びやすい、和風過ぎずでも日本を感じられるメニューがたくさんあるのも人気の理由の一つかも知れません。

HIBIKIの魅力はユニークな食べ物だけではなく、コーヒーにもあります。Hibikiで働いているバリスタさんが淹れるコーヒーはとても口当たりが滑らかで棘のない魔法の一杯です。コーヒー以外にもハウスブレンドのHoujichaiや抹茶ラテ、スムージーなど飲み物だけでも選ぶのに迷ってしまいます。

そんなHIBIKIで最近日本のOnibus Coffeeを淹れ始めました。販売はまだですが、HIBIKIにいけば優しい素敵なバリスタさんが愛情込めて淹れた美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。私が知っている中で、Onibus Coffeeをメルボルンで飲むことが出来るのはHIBIKIだけです。メルボルンのコーヒーは少し酸味が強く感じることがあり、いつもホワイトコーヒー(ミルクベース)を飲むことが多い私ですが、日本で飲むコーヒーはあまり酸味を感じないので、メルボルンのバリスタさんが日本で焙煎されたコーヒー豆でコーヒーを淹れたらどうなんだろうと小さな好奇心を持ってました。そんな私の小さな夢が今回HIBIKIで叶いました。

日本を感じる食べ物を食べたいけれど美味しいコーヒーも飲みたい、日本食は食べたくないけれど少し日本が恋しい、カフェに行きたいけれど美味しい日本の焙じ茶や抹茶が飲みたい、そんなわがままな私達の要望に100%答えてくれるHIBIKIだからこそ、人々に愛され、Mishもローカルにもメルボルンにいる日本人の人たちにも胸を張って訪れてほしいとオススメしたくなるのかも知れません。

1161 Toorak Rd, Camberwell VIC 3124, Australia

MON – FRI : 0800 – 1500

SAT : 0800 – 1500

SUN : 0900 – 1400

One thought on “HIBIKI

Comments are closed.