ベトナムのB級ソウルフード “バインミー”

もともとはフォーなどのライスヌードルや、生、揚げ春巻に使われるライスペーパーなど、米食文化のベトナム ですが、フランス統治時代にもたらされたバケットを使ったバインミー(Banh mi)と呼ばれるサンドイッチ。

国際色豊かなメルボルンではそんなバインミーをその場でこしらえてくれる、ベトナム系のベーカリーが、どのエリアにも1つは見つかります!

(見つけ方のコツは、店内にフレッシュ野菜やハムなどの並んだサンドイッチバーがあるかどうか!)

そしてメルボルンの物価の割には、安くて美味くボリュームもあって、知っているとかなり便利な存在。

ファンシーフードの多い都会メルボルンで、背伸びをせず淡々と自分たちのやり方で仕事をこなしている、といったような素朴な雰囲気に、とても落ち着くのです。

時間帯を問わず、近所の人たちがテイクアウェイで買って行く姿がよく見られます。

 

フランスパンに比べるとおそらく少し皮が薄くて柔らかい、でもパリッと焼かれたバケットにサンドするのは、レバーペースト、大根と人参のピクルス、キュウリ、パクチー、ベトナムのチャーシューのようなハム。

このトラディショナルスタイルで$6前後。

そして今回のオススメは、クリスピーポークのバインミー($8前後)。

“Crispy pork” “Pork crackling” などとも呼ばれ、皮がカリッと焼けるまでオーブン焼きにした豚バラ肉の塊。

IMG_3784
巨大なクリスピーポークの塊!(Trang Bakery)

 

本場ベトナムではあまり一般的ではなく特別な時につかわれるようですが、メルボルンでは、いたるところにある中華やアジア系の料理屋の影響や、スーパーでも塊のお肉が安く手に入るお国柄か、とてもポピュラーな一品です。

 

今回はフィッロイのメイン通りスミスストリート沿いにある「Trang Bakery」のCrispy pork banh miを紹介。

IMG_3785
フィッツロイのメイン通り、Smith stを北上し、大通り、Johnston stを少し越えたあたり。

 

不明
下ごしらえされたフレッシュな野菜たちをその場で手際よくサンドしてくれます。

 

Unknown
「Crispy Pork Roll」($8.00) &「Donut」($1.00!)

 

こちらのお店のクリスピーポークバインミーは、コールスローとカレーソースを加えたアレンジスタイル。

クリスピーポークとレバーペーストの旨味や脂に、大根、人参、きゅうりのフレッシュな食感と甘み、そしてパクチーの爽快な香り、これらがバゲットの中で調和し一つにまとまったバインミーは、和食では考えられない発想ではないでしょうか。一度食べると病みつき必至です。

そしてこの(写真上)、揚げて砂糖をまぶしただけの素朴な激安ドーナツも驚くほどモチモチ!でオススメです。

Fitzroyエリアで軽くご飯、という時には是非!

 

 

今後も新たなお店の発見がありましたらInstagramでご報告しますのでみなさまもオススメのバインミーがありましたらMishまでご一報を!!

 

 

「Trang Bakery and Cafe」

382 Smith street, Collingwood

Mon~Sun.

8:30~17:00

 

 

Edit: ARATA